若くても現れる老眼の初期症状を事前に知っておこう

眼精疲労からはじまる

目元

老眼の初期症状は、眼精疲労です。眼精疲労が頭痛などに変わり、日常生活に悪影響を及ぼしてしまう前に、己の年齢を顧みる必要があります。老眼とは目のピント機能の衰えであることを理解し、無理にピント調節をしようとせず、正しい度数の眼鏡をかけましょう。

もっと見る

目に異常を感じたら

メガネとコンタクト

老眼は目の酷使により30代でも発症することがあります。初期症状は疲れ目と勘違いすることもあります。しかしものを見るときピントが合わなくなれば老眼の証拠です。まずは眼科医に相談することが大切です。医師はほかの病気の発見をしたり必要なら目薬なども処方してくれます。また老眼鏡をつくる場合もあります。

もっと見る

40代の人は要注意

女性

目の機能の老化に伴って生じる老眼は40代頃から進行が始まり、字が見えにくくなるのが代表的な初期症状です。目の水晶体とこれを支える毛様体筋の老化によってピントが調節しにくくなるのが老眼で、頭痛や肩凝りも症状に入ります。目を疲れにくくする健康成分には、老眼の初期症状を改善する効果も期待されます。

もっと見る

若い世代も注意が必要

目元を触る女性

小さい字が読みにくい

老眼も個人差がありますが、40歳前後から始まるとされています。そしてタブレットやスマートフォン、ゲーム機などで目を酷使する機会が増えていることもあり、若い世代にも老眼のような症状を訴える人が増えています。老眼の初期症状についても知っておきたいですが、まず新聞などの小さな文字は離したほうが読みやすいというのは代表的な症状です。このほかの初期症状としては夕方になると見えにくい、肩こり、頭痛などに悩まされることが多くなったなどもあげられます。さらに薄暗いところでは特に小さな文字が読みにくい、小さなものを見ると疲れる、近視の人は眼鏡をはずすと文字が読みやすくなるという初期症状が出ることもあります。老眼になってしまう原因にはまずは老化があげられます。目の中にある水晶体は近くを見ると厚く、遠くを見ると薄くなりますが、加齢とともにこうした調整機能は衰えてしまいます。さらに若い世代で老眼のような症状が出る場合は目の酷使が原因となっていることも多いので、適度に目を休めることも大切です。老眼は放置しているとさらに悪化してしまう可能性もありますので、初期症状に気づいたら対策を行っておきましょう。ピントの調整には老眼鏡が便利です。近くのものだけを見るときに使う一般的なタイプもあれば、近視や乱視がある人にも利用しやすい遠近両用タイプもあります。さらにコンタクトレンズと老眼鏡を併用するなど、それぞれに合った調整を行いましょう。眼鏡選びで悩んだ際は眼科に相談することがおすすめです。

To Top