若くても現れる老眼の初期症状を事前に知っておこう

眼精疲労からはじまる

目元

放っておくと頭痛も起こす

老眼は、主に40歳を過ぎた頃から誰でもなるものです。近眼の人はなりにくい、などと言われることもありますが、それはただ普段から近くも遠くも見えづらいので気がついていないだけです。現代人であれば、ならない人はいない、一種の現代病とも言えるでしょう。老眼の初期症状は、目が疲れたと感じる、いわゆる眼精疲労です。少し前に、ニュースなどでも話題になった「夕方老眼」という言葉は、一日使ってきて目が疲れている状態、つまり、老眼の初期症状である眼精疲労を現していると言えます。老眼の初期症状としましては、なんだかいつもよりも物が見えづらい、目がかすむ、目の奥が痛いなどが挙げられます。そしてその症状が重くなってくると、次第に頭痛を引き起こし、日常生活にも悪影響を及ぼしかねません。よく、眼鏡をかけたら悪くなるからなるべくかけないで行こうとする方がいますが、それは間違いです。老眼は、即ち目のピント機能の衰えです。我慢して無理にピントを合わせようとし続けると、いざ眼鏡をかけた時に、上手くピントが合わなくて、中にはかけられないまま、老眼がどんどん進んでしまう方もいます。老眼の進行を止めるためにも、きちんとピントが合った眼鏡を使用するようにしましょう。また老眼を防ぐ方法としては、初期症状が出る前に目を酷使せず定期的に休めたり、目に必要な栄養素を十分に摂取することが重要となります。また、ネット上には様々な改善法や予防法などを簡単に調べることができるため、一度覗いてみるとよいでしょう。

To Top