若くても現れる老眼の初期症状を事前に知っておこう

40代の人は要注意

女性

頭痛や肩凝りも症状のうち

誰でも年を取ると体のさまざまな部分に老化現象が表れますが、中でも目の老化に伴って生じる老眼は日常生活への影響が大きいものです。目のレンズに相当する部分は水晶体と呼ばれており、これを支える毛様体筋の働きによってこの水晶体が伸び縮みすることによってピントが調節されています。目の老化が進むと水晶体が硬くなって伸び縮みしにくくなり、毛様体筋の働きも弱くなるためピント調節力が低下するのです。老眼にはいろいろな初期症状が見られますので、症状を自覚するようになったら早めに対策をすることで目に対する負担を軽減させることができます。一般に老眼が始まる年齢は45歳前後が最も多く、早い人では40代にならないうちから初期症状が表れてきます。特に最近ではスマートフォンやパソコンの影響により、若い人でも一時的に老眼のような症状に悩まされる例が増えてきました。老眼の初期症状で最も代表的なのは、細かい字が見えにくくなって離さなければ読めないというような事例です。薄暗い場所ほど小さな字が読みにくいのが初期症状の特徴で、無理に読もうとすると目が疲れてしまいます。この他にも車の運転などで長時間遠方を見ていると近くが見えにくくなったりして、ピントの調節に時間がかかるようになるのも老眼のよくある初期症状です。頭痛や肩凝りにはさまざまな原因が考えられますが、これも老眼に伴う眼精疲労から来ている可能性があります。40代くらいの人でこのような初期症状を自覚する場合には、小さい字を読むときに老眼鏡や遠近両用メガネを使うなどして目の負担を和らげるようにするといいでしょう。口コミの健康情報では目の健康に役立つ栄養成分として、ブルーベリーなどに多く含まれる色素のアントシアニンが知られています。そうした成分を配合したサプリメントを摂取している人は目が疲れにくいという評判があり、老眼の初期症状にも改善効果が期待されます。

To Top